2011年02月22日

70万円の就活講座 内容は「縄跳び」「綱引き」「カルタ」

 やはり就職55件が厳しい、厳しいと言い過ぎるのも考えものだ。言えば言うほど、学生は不

安になるし、そうした学生の弱みにつけ込んだ悪徳ビジネスが横行するようになるからだ。

そう危惧していたら、言わんこっちゃない。実際、全国で就活がらみのトラブルが続発してい

る。ジャーナリストの沢野竜一氏が報告する。


* * *


 行政処分を受ける業者も登場した。英会話教室などを運営するフォートレスジャパン社(本

社・東京都新宿区)は、強引な勧誘などが特定商取引法の違反行為と認定され昨年2月に6か月

の業務停止命令を受けた。



 同社の被害者となったのは関東地区の男子学生Cさんだ。就活中に同社の社員に街で声をかけ

られた。 断わったが「名前と連絡先だけでも」と粘られ、急いでいたためについ教えてしまっ

たという。


 数日後、電話で呼び出され、「就職活動を成功させるには、自分を変えなければいけない。

即戦力になるための人間力と英語力を身につければ必ず就職できる」と説き伏せられた。



 拘束時間は4時間半を超え、疲れ果てたCさんが「帰りたい」と訴えても「このままでは就職

できない。今ならまだ間に合う」と言われたという。根負けして70万円の契約をさせられた時

の社員の言葉がふるっている。




「自立した人間になるため、契約は親に内緒にしておけ」



 後日、“人間力をつける”講座内容を知ったCさんは仰天。列挙されていたのは「縄跳び」

「綱引き」「騎馬戦」「カルタ取り」などだった……。


posted by パセリ at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック