2010年11月21日

中国漁業監視船 尖閣周辺海域から離れる…日本領海

沖縄・尖閣諸島の日本の領海に隣接して設定されている接続水域(領海の外側約22キロの範囲)を20日から航行していた中国農業省所属の漁業監視船「漁政201」と「漁政310」は21日夕、ともに接続水域の外に出た。海上保安庁によると、2隻は針路を西に向け、尖閣諸島周辺海域から離れ始めたという。

第11管区海上保安本部(那覇市)によると、漁政201は21日午後4時14分ごろ、漁政310は同20分ごろ、いずれも魚釣島北西約44キロの海域から接続水域を出た。2隻は32時間近く、接続水域を航行したが、日本の領海内には侵入しなかった。



小原大二郎のゴルフスイング上達法!
posted by パセリ at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする