2010年11月06日

匿名性高いYouTube 著作権侵害など問題

 「尖閣ビデオ」がアップされた動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」は2005年に米国でサービスが開始された。簡単な手続きで、世界中の誰でも動画を投稿・公開できる。

 動画を投稿するためには、メールアドレスなどを入力し、ユーザー登録をする必要があるが、無料のフリーメールアドレスでも可能。フリーメールアドレスは本人確認がなくても取得できる場合も多いため匿名性が高く、誰が投稿したのかは分かりにくくなる。

 ユーチューブなど動画投稿サイトをめぐっては、漫画の画像やテレビ番組の映像などの無断投稿が相次ぎ、著作権侵害が問題となっている。

 ユーチューブを運営する米インターネット検索大手「グーグル・日本法人」によると、投稿された動画の削除に関しては、投稿したユーザー自身が削除できるほか、著作権保有者の要請や一般ユーザーからの指摘によって削除されることもある。「要請や指摘があった場合は、著作権違反など利用規約に反しているかを確認し、削除する」と話している。


日本お得意の規制をしたら、改善される??

「自宅で簡単バストアップ」法!
posted by パセリ at 14:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする